耳の病気にご用心

最近涼しくなってきましたが、
 
まだまだワンちゃんには暑い日も続きます。
 
暑い季節には皮膚の病気や耳の病気で病院にいらっしゃるワンちゃんや猫ちゃんが増える季節でもあります。
 
• 耳が臭ってきた
 
• 耳が赤い
 
• 耳から液体が出ている
 
などの症状があれば、気づく飼い主さんも多いとは思いますが、
 
ひどくすると治すのにも時間がかかります。
 
また、ひどくしてしまうと
 
耳道内の皮膚が腫れ、耳の穴が狭くなって
 
しまいには塞がってしまったり、
 
耳の中に腫瘤ができてしまうことも。
 
そこまですると手術をしなくては治すことはできません。
 
耳を定期的に掃除をしていただければ
 
外耳道炎の予防になります。
 
掃除ができないのであれば、
 
病院に連れてきてください。
 
耳の中をチェックして、
 
汚れているのであれば掃除をすることができます。
 
また、飼い主さんに耳の中がどんな状態であるかを
 
見ていただくことも可能なカメラもあります。
 
正常な耳の中の写真です。
 
2015-04-18_1452_IMG0001
 
鼓膜は半透明が正常です。
 
炎症が起きていると水がたまったり
 
2015-04-17_1837_IMG0001
 
鼓膜が汚れていたりします。
 
2015-06-14_0948_IMG0005
 
腫瘤ができている写真です。
 
2015-08-31_1440_IMG0005
 
耳の中がこうならない為にはこまめな耳掃除が必要です。
 
こまめな耳掃除を心がけてください。
 
耳掃除のやり方がわからない方は
ご相談ください。

カテゴリー: 耳鼻科 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です