糸が体内に残らない手術。去勢、避妊、etc。肉芽形成予防。

従来、血行のある組織の切断には、糸で結紮し血流を遮断して切断します。この処置を行わないと当然出血が起こり大変な事になります。

しかし術後まれにですが、その糸に体が反応してしこり(肉芽)が出来たり、感染が起きたりする事もあります。

最近では、止血切断を同時に行う装置により糸を使わなくても切断ができるようになり、体内に糸を残さず手術ができるようになりました。

これで、術後の異物反応性肉芽形成が軽減でき、また手術時間の短縮にもつながり、動物にとってより体にやさしい手術が可能となります。去勢手術や避妊手術はその恩恵を得やすい手術です。
これは犬の去勢手術ですが、従来は精巣の血管などを糸で縛ってから切っていました。
 

現在は、この血管シーリングデバイスを使う事により糸を使わずに止血切断が一瞬で行えます。

断端の白くなっているところでシーリングされて出血しません。直径7mmくらいの血管まで大丈夫です。

これで手術完了です。皮膚の糸は後で抜糸します。

 

 

カテゴリー: お知らせ, 症例紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です