元気すぎるのも・・・。ウサギ大腿骨骨折。創外固定手術。

IMG_0481
まだ若いウサギさんです。元気いっぱいに遊ぶ子ですが、元気すぎて抱っこしている腕から落ちてしまいました。一つ一つの骨片が小さいので、手術がちょっと難しく、こちらにもプレッシャーがかかります。

IMG_0476
断脚という選択肢も考えなければなりませんが、なんとか創外固定という方法で治療できそうです。折れた骨にピンを差し込み、体の外に出します。

IMG_0480
そのピンが動かないように樹脂(青いもの)で固めます。この方法は、体の中にプレートを入れる方法と違って、骨折の治りも早く、骨折が治り固定器具を除去する時も、もう一度皮膚を切開しなくても良いというメリットがあります。ピンが出ているので痛々しく見えますが、痛がる様子は全くありません。

IMG_0484
術後のレントゲンです。きれいに揃っています。これなら大丈夫そうです。
ウサギの骨折は、『落下』『踏んでしまう』『隙間に足を挟んで』『暴れて』などでおこる事が多いので、皆さんも注意してください。

カテゴリー: エキゾチック(ウサギ、ハムスター、鳥、は虫類など), 整形外科, 症例紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です