月別アーカイブ: 2013年7月

捻挫・脱臼ではなかった! 子犬の足の痛み。レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)。

突然、『キャン』と鳴いて膝が外れたという事で来院されました。8ヶ月齢のわんちゃんです。レントゲンを撮ってみると確かに膝のお皿(膝蓋骨)が両方はずれています。しかし、膝の触診で痛みを現しませんでした。大腿骨の首の部分(大腿 … 続きを読む

カテゴリー: 整形外科, 症例紹介 | コメントする

熱中症にご注意を。

  夏も本格的になってきて、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 お子さんが夏休みに入られた方も多いのでは? となると、家族でお出かけする機会も増えてくる事でしょう。 そんなとき家族の一員であるペット達はどうされて … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | コメントする

元気すぎるのも・・・。ウサギ大腿骨骨折。創外固定手術。

まだ若いウサギさんです。元気いっぱいに遊ぶ子ですが、元気すぎて抱っこしている腕から落ちてしまいました。一つ一つの骨片が小さいので、手術がちょっと難しく、こちらにもプレッシャーがかかります。 断脚という選択肢も考えなければ … 続きを読む

カテゴリー: エキゾチック(ウサギ、ハムスター、鳥、は虫類など), 整形外科, 症例紹介 | コメントする

未避妊の子はご注意を!

未避妊の犬や猫、うさぎでは発情後にホルモンの影響で細菌感染を起こしやすくなり、子宮に膿が溜まる「子宮蓄膿症」になる事があります。 このわんちゃんも子宮蓄膿症になり元気が無いという主訴で来院しました。 腹部エコー検査の様子 … 続きを読む

カテゴリー: 症例紹介 | コメントする