東京 国立の動物病院 元気で長生きしてもらえる動物医療を
中山動物病院
042-571-3938
ホーム アクセスマップ 診療時間 初心の方へ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • 求人情報
  • 求人情報
  • 病院理念
  • 初診の方へ
  • 高齢犬・猫の飼主様へ
  • フィラリア、ノミ・ダニ等
  • 外科
  • エキゾチックペットについて
  • 施設紹介
  • トリミング・ペットホテル等
  • よくある質問
  • 求人情報
  • アクセスマップ
  • リンク
  • メール会員募集スターセブン
    当院では動物への負担が少ない「腹腔鏡手術」を実施しています 当院では「CT」による精密な検査を実施しています
    エキゾチックペット
    「飼い主様と一緒にいることのできる時間」が動物たちにとって一番幸せな時間です。
    その「当たり前の時間だけど幸せな時間」を、「できるだけ長くしてあげたい」ということが私たちの望みです。 そのために、「元気で動物たちに長生きしてもらえる動物医療」を実現できるように日々勉強し、 日々習得していきたいと考えています。   → 病院理念もご覧ください
    しっかりと聞く、話す、考える
    2.	正しい診断、正しい説明、正しい治療
    3.	飼い主様との二人三脚医療
    症例紹介・当院からのお知らせ
    医師になった想い・・
    たけ私は幼少のころ自宅で「たけ」という犬を飼っていました。
    「たけ」は私の大切な友達で、一緒に遊んだり、駆け回ったりすることが小さな私の楽しみでした。
    しかし、ある日、「たけ」が乳腺ガンになってしまいました。「しこり」があるのを発見したのです。 その、「しこり」はどんどんと大きくなり、そのまま亡くなってしまいました。
    冷たくなった「たけ」を抱きかかえ、固くなった「たけ」の死に直面し自分の無力さを体感しました。
    付き添っているだけで何もできない、自分の無力さを痛感しました。 ⇒続きはこちら


    当院では様々な手術を行なって
    おります。 不妊・去勢手術から、皮膚腫瘤切除、
    腹腔内腫瘤の摘出、椎間板ヘルニアなど、多岐に
    わたります。
    →詳しくはこちら

    若い子の飼い主様もご覧ください
    動物たちも年を取ると、人間同様色々
    な事が起こります。 それは足腰の衰え
    だったり、視力の低下だったり、あるいは病気かもしれません。
    人間と同じく、早期発見早期治療をおすすめ致します。
    →詳しくはこちら


    エキゾチックペットたちは、飼育環境と食餌
    がとても大切です。 飼育環境と食餌の改善
    で劇的に病気が良くなる子が多いのは事実
    です。当院ではうさぎ、フェレット、鳥、カメの診療も行なって
    います。
    →詳しくはこちら


    フィラリアは蚊によって感染する病気
    です。もし感染してしまうと、命にかかわ
    るかもしれません。予防の前に血液検査で
    感染の有無を確認してから予防薬を使いましょう。
    →詳しくはこちら
    〒186-0003 東京都国立市富士見台2-2-5 サンフォーレ国立102
    中山動物病院
    Copyright © Nakayama Animal Hospital